性感染症(STD)と不妊

性感染症(STD)と不妊

性感染症(STD)とは

性感染症は略称をSTDと呼ぶ疾患で、簡単に言うと性病の事です。
性感染症に含まれる病気としては、淋病やカンジダ膣炎、トリコモナス膣炎、尖形コンジローム、性器ヘルペス、梅毒等があります。

 

性感染症の殆どが、性行為で感染しますが、全てのSTDが性行為のみで感染するわけではありません。
中にはトリコモナス膣炎の様に、健康な人でも体内に病原菌を持っていて、それがホルモンのバランスが崩れたり体力が著しく低下した事が原因で、発症するケースもあります。

 

STDが気になる時や心配な時は

もし、STDが気になるなら直ぐにチェックしましょう。
自宅で一人でこっそりチェック出来ます。
詳細は、STDの検査と予防のページを御覧下さい。

 

性感染症は貴女から子供を奪います。

性感染症は全般的に不妊に影響を及ぼしがちですが、中でも淋病やクラミジア感染症は正常な妊娠や出産を妨げる疾患ですので、特に注意が必要です。

 

それ以外にも、直接妊娠に悪影響を及ばさない様な性感染症でも、感染が将来的な不妊症を誘う原因となる場合も多いです。
例え現在妊娠願望が無くても、性感染症に何回も罹っていると将来的に不妊症になってしまい、生涯に渡って子供を持てなくなる場合もありますので、性感染症の予防には、全ての女性が取り組むべきだと言えます。

 

不妊とSTD

STDの中でも、不妊と特に関係が深い疾患としては、淋病やクラミジア感染症等です。
これらの疾患はストレートに、女性の出産や妊娠に必要な臓器を傷つけ、貴女から赤ちゃんを奪いますので特に注意が必要です。

 

・淋病
淋病は性病の中で、最もポピュラーな病気と言えるかもしれません。
それだけ淋病には多くの感染者がいると言う事になりますが、多い性感染症だけに、危険意識を持っている人が少なくありません。

 

淋病は女性の妊娠を妨げる場合が多いです。
感染初期はおりものが増えたりむず痒く感じる程度ですが、進行するに従って排尿痛から子宮頸管炎、子宮内膜炎等を発症させるケースが多いです。
このような症状は、不妊の大きな原因となる症状ですので、正常な妊娠や出産を阻害します。

 

・クラミジア感染症
クラミジア感染症は、性感染症と不妊を考える上で、最も危険度が高く、最も感染してはいけない病気の一つです。
何故ならクラミジア感染症は一度感染すると、卵管をボロボロに傷つけてしまい、クラミジア感染症は完治しても一度深く傷つけられた卵管は元に戻らない場合が多いからです。
更に子宮内膜炎をおこしたりするので、不妊症になる確率がとても大きい疾患です。

 

クラミジアに感染したら、出来るだけ早期に治療をする事が最大のポイントとなりますが、この疾患は女性には殆ど自覚症状が現れないので、発見・治療も遅れがちです。

 

早期発見には、男性に現れる初期症状を見逃さない事が最大のポイントとなります。
クラミジア感染症に関する詳細は、クラミジアの感染と不妊症の関係のページでご紹介していますのでご参照下さい。

 

男女二人が関係します。

性感染症は何も女性だけが罹る病気ではありません。
当然男女両方に感染します。

 

ですので性感染症を治療する上で一番大事な事は、男女両者が感染した事を理解して、一緒に治療を行い二人共完治する事です。
例え片方が完治しても、恋人や夫婦の場合、両方が完治していないと直ぐに感染します。

 

このような状態をピンポン感染と呼びますが、ピンポン感染を防ぐことがSTD防止で最も大切なことです。
何故なら性感染症に何度も感染すると不妊症になる場合が多いからです。

 

それもとても深刻な状況に知らず知らずの内になってしまっている場合が多いからです。
その為この病気は、パートナーときちんと話し合い、早期に治療を開始して完治すると共に予防する事が大切です。

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい