子宮頸管の異常・障害

子宮頸管の異常・障害

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

 

 

 

子宮頸管の異常と不妊

子宮頚管のトラブルが不妊の原因となるのは、子宮の入り口に何らかの問題があって、精子が正常に侵入出来なくなるからです。
この様な理由により、子宮頚管の障害は不妊症を発症させる原因となります。

 

子宮頚管障害の原因

子宮頚管障害の原因としては、圧倒的に子宮頚管粘液の異常が多いです。
子宮頚管粘膜は、通常は膣の雑菌が子宮内に侵入しない様にブロックしていますが、排卵期だけは精子が通りやすいように変化します。
この変化が正常に行われないと、精子は子宮頚管でブロックされるため妊娠出来なくなります。

 

この様に頚管粘液が正常に機能しない状態や分泌量が不十分な状態を、頚管粘液不全と呼び、頚管粘液不全が子宮頚管の障害とも言えます。

 

子宮頚管粘液の異常の原因

子宮頚管粘液の異常(頚管粘液不全)の主な原因は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が少なくホルモンバランスが崩れる事です。

 

他にも子宮頚管や卵管に炎症がおきたり、クラミジア感染症等も子宮頚管の障害の原因となります。
ホルモンバランスを、崩さないように気をつけましょう。