子宮筋腫

子宮筋腫

 

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

 

 

 

子宮筋腫とは

子宮筋腫とは、子宮の中に発生した腫瘍の事を言います。
腫瘍と言えば癌を想像する人もいるかも知れませんが、子宮筋腫の場合は、同じ腫瘍でも良性なので妊娠以外では、それ程心配する必要もありません。
極端な表現をすれば子宮筋腫とは子宮に出来たしこりの事です。

 

場所や数が問題

子宮筋腫があっても、ストレートに不妊につながると言う事はありません。
中には、全く問題がない筋腫もあります。

 

然し子宮筋腫が出来た場所や数によっては、不妊症につながる場合もありますので、注意が必要です。
それは子宮体部や筋層内に子宮筋腫ができている場合や数が多い場合です。

 

この様なケースでは、着床障害や流産の原因になる場合がありますので、状況によっては事前に筋腫だけを最小限に切り取る等の、治療が必要な場合もあります。
然し子宮筋腫が不妊の大きな原因になることは少ないです。

 

子宮筋腫の予防

子宮筋腫は、確固たる原因は分かっていません。
つまり原因不明と言う事です。

 

然し予防に効果があるとされる食材はあります。
それは、玄米や根菜類です。

 

玄米や根菜類は細胞の代謝を向上させる働きを持ちますので、玄米や根菜類を食べることにより、子宮の細胞を活性化して引き締める効果が期待できるからです。

 

子宮筋腫は女性ホルモンのバランスが崩れる事により、細胞内の代謝が低下する事で筋腫が出来ます。

 

これらの食材を摂ることにより、代謝を向上させる予防に働くようです。
ただ、食事はバランスが大切なので、玄米と根野菜だけに偏った食事を続ける事はお勧めできません。
あくまでも複数の食材の中に加えて、バランス良い食事になるようにご注意下さい。