造精機能障害

造精機能障害

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

★旦那様を無理なくその気にさせたいと言う奥様必見!
妊活成功NO1☆お客様満足度93%と超人気です
  ↓ ↓
【クラチャイダム王】

 

 

 

 

造精機能障害とは精子を作る機能に問題が生じる現象で、
男性不妊の原因の中では大きなウエイトを占めている機能障害です。

 

 

 

造精機能とは

造精機能とは精子を作る力の事を言います。
良好な精子がないと妊娠は不可能ですから、可愛いあかちゃんを持つために、とても大切な機能の一つです。
精子は精巣(睾丸とも言います)で作られますが、単に精子があれば良いと言うわけではありません。

 

正常な受精を行うためには、正常な形と機能を持つ精子が一定量存在していて、卵子の持つ卵管まで泳ぎ着けるだけの運動量を持つ精子が必要です。
一度の射精によって2億〜3億の精子が放出されますが、正常な男性の精子の中にも、約一割は奇形精子が混ざっています。
然し造精機能障害になると、それ以上の数の精子に何らかの異常が発生するため、卵巣まで辿りつけない状態になります。

 

造精機能障害の種類


造精機能障害には状況により幾つかの症状に別れます。

 

1)乏精子症:精液中に精子の数が少ない状態です。

 

2)精子無力症:精子の運動性が弱い状態です。

 

3)奇形精子症:正常な形状の精子が少なく奇形精子が多い状態です。

 

4)無精子症:精液中に精子が全く存在しない状態です。

 

造精機能障害には以上の4種類が入ります。

 

造精機能障害の原因

造精機能には、脳や精巣から分泌される性ホルモンが深く関わっています。
中でも男性ホルモンの一種であるテストステロンが、正常に分泌されている事がとても大事です。
その為造精機能障害の原因も、ホルモンバランスの乱れにあると言われます。

 

確かに造精機能障害が性ホルモンにある事は事実ですが、現在ではホルモンが影響しない特発性造精機能障害が増えています。
そして特発性の造精機能障害では、現在は確実だとされる原因は判らず、その為特発性造精機能障害は原因不明だと言われています。
しかし、造精機能が正常に働くためには、ホルモンバランスが非常に大切なことは事実です。

 

精子の奇形や機能を弱める原因


精子の奇形や機能を低下させる要因としては、活性酸素による細胞や組織の酸化、ダイオキシンや酸性雨等の環境ホルモン喫煙や過度の飲酒、精神的なストレス等ですが、それと同様に偏った食生活や運動不足、遺伝なども影響します。

 

造精機能障害を予防するには

造精機能障害を予防する一番のポイントは、日常生活の中にあります。
毎日の食事を、バランスの良い内容で規則正しく摂る事で、必要な栄養素が身体に行き渡ります。
次はこまめなストレス解消を行い、ストレスを溜めすぎない事やタバコを吸わないことです。

これは活性酸素を増やさないようにして、活性酸素の酸毒を身体に入れないようにする為です。
またポリフェノールや、抗酸化ビタミン(CやE)等の抗酸化力を持つ栄養素を取り入れる事も有効です。

 

次に必要な事は肥満を防ぐ事です。

その為には適度な運動や高脂肪食等を見直す事です。
肥満は血行を低下させて造精機能も弱めますし、糖尿病なども発症しやすくなります。

そうするとED(勃起不全)や精力減退も起こりがちなります。
精力が減退すると同時に、造精能力も低下しますので、肥満を防ぐことは大事です。
また環境ホルモンから出来るだけ身体を守る為に、雨にあたらないようにする等の自衛策も大切です。
造精機能障害以外の男性の不妊の原因については、男性の不妊原因のページでご紹介していますのでどうぞ御覧ください。