男性不妊症の治療

男性不妊症の治療

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

 

★旦那様を無理なくその気にさせたいと言う奥様必見!
妊活成功NO1☆お客様満足度93%と超人気です
  ↓ ↓
【クラチャイダム王】

 

男性不妊症の治療とは

男性不妊症を治療する場合は、男性不妊症の原因に合わせて行います。
男性不妊症は、ED(インポテンツ)等の勃起障害や精子や精液の状態が悪い場合、無精子症や精管や性器に何らかの異常がある場合におきますが、この中で最も多いのは、精子の質が悪いとか精子を作る過程で何らかの障害がある場合、いわゆる造精機能障害と勃起障害です。

勃起障害

勃起不全(EDやインポテンツも同意語です)は、勃起が性交時の挿入から射精まで持続できない疾患です。
原因により器質性と心因性の二種類があります。

 

心因性とはストレスなどの心の状態に原因がある場合で、器質性とは糖尿病などの特定の病気が原因となる場合や、性器に何らかの問題がある場合を言います。
治療法としては、心因性の場合は精神安定剤やバイアグラ等の勃起促進薬を用いる場合が多いです。

 

☆病院に行かずに自宅でED解消する方法☆
     ↓   ↓
こちらのページでご紹介しています。

 

EDや精力減退に関する商材情報なら下記のサイトをご参照下さい。
男の悩み解消サロン

 

造精機能障害

妊娠に問題がない状態の精子を作る過程に問題がある状態が造精機能障害ですが、主にホルモン療法を行います。
男性ホルモンの分泌が少ない場合には、男性ホルモン療法、造精機能を高める為には性刺激ホルモンを増やし、精子を作る機能を高めて、精子の数を増やす為のホルモン剤を用いた療法を行います。

手術による治療
男性不妊症の治療で、手術を伴うケースは精管に異常がある場合や、性器の形状に問題がある場合ですが、殆ど手術を伴う様な治療を行うケースは少ないと思います。

 

時間がかかります。

男性不妊症の治療には時間がかかる場合が多いです。
気長にじっくりと取り組むのも良いですが、妊娠は何年もかかると益々出来なくなる場合もあります。

 

特に女性の年齢が30代に入っていたり、男性不妊症だけで女性側に不妊の問題がない場合等は、AIH(人工授精)を行う方法も良いと思います。
精子の状態が多少悪かったり、少なかったりしても問題なく妊娠できるからです。
男性不妊症以外の不妊症の治療方法については、不妊の治療法のページを御覧ください。