昔の性病が男性の不妊症を作る

昔の性病が男性の不妊症を作る

昔性病にかかった事はありませんか?

性病は男女共に不妊症の原因となります。
性病と男性の不妊症の関係で言えば、昔にかかった性病は完治していたとしても、現在の貴方の不妊の原因となることがあると言う事です。

 

ですので昔性病にかかった経験があり、現在子供が欲しいと思い不妊対策を行なっているのにも関わらず、妻が妊娠しないと言う場合は、過去の完治済みの性病が何らかの原因となっている場合があると言う事を覚えておいて下さい。

 

性病の中でも、淋病や梅毒を経験している場合は特に注意が必要です。
何故なら、これらの性病が男性の不妊に関連する確率(男性の不妊原因になった過去の病気のうちで占める割合)は、淋病の場合で約30%、梅毒の場合で5%ととても高いからです。

 

とりあえず過去に淋病や梅毒などの性病を経験した事がある時は、一度泌尿器科で問題がないかチェックしてもらうといいと思います。

 

クラミジアは注意が必要

性感染症は当然夫婦であれば二人が感染します。
そしてSTDと呼ばれる性感染症(性病)は、女性の不妊の大きな原因となるので、早期発見と早期治療がその後の妊娠の鍵となります。

 

その中でも、クラミジアの場合は男性にしか自覚症状が現れません。
ですので自覚症状が出たら何はさておき、二人で病院へ行き早急に検査と治療を受ける必要があります。

 

お役立ちページをご紹介します。

 


性病をこっそり自宅で検査したい方は
STDの検査と予防のページを御覧下さい。

 

 

★旦那様を無理なくその気にさせたいと言う奥様必見!
妊活成功NO1☆お客様満足度93%と超人気です
  ↓ ↓
【クラチャイダム王】

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい