中年男性の不妊症対策は生活習慣病予防から

中年男性の不妊症対策は生活習慣病予防から

  

生活習慣病とは

生活習慣病とは、日常生活が原因で発症する病気で、年齢が進むにつれてどんどん発症しやすくなる病気です。その為生活習慣病は、以前は成人病と呼ばれていました。

 

具体的には肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症、高コレステロール血症、動脈硬化等があります。
このような生活習慣病は、脳卒中や心筋梗塞などと言った大きな病気を引き起こすので予防が必要ですが、同時に男性の不妊症とも深い関わりを持ちます。

 

生活習慣病と男の不妊

生活習慣病は、男性の生殖器官にも大きなダメージを与えます。
例えば糖尿病や高血圧などは、インポテンツや精力減退の原因となりますし、肥満男性の場合は、標準男性に比べて、元気がなく活動力が弱い精子が多いと言われます。中でも糖尿病の悪影響は深刻です。

 

糖尿病のリスク

糖尿病が男性の不妊症に与える問題は、勃起不全(インポテンツ、ED)以外にも、精子に対して悪影響を及ぼすことです。

 

糖尿病になると損傷を受けるため生殖能力が全体的に低下してしまい、男性不妊の原因となります。このような病気は基本的には余り若い男性には起こりにくいですが、若くても小さな頃から肥満だったとか、食生活が余り良くなく、運動不足等の生活習慣が長く続くと20代や30代前半の男性にも発症します。

 

中年男性は特に注意を

生活習慣病は、中年になると圧倒的にかかりやすくなります。ですので、晩婚で30代後半〜40代位で子供を作る予定の男性の場合は特に生活習慣病に注意が必要です。

 

生活習慣病の中でも、肥満と糖尿病だけは早急に予防&対策が必要です。
また、結婚生活が長くて二人目や三人目の子供を作ろうとした時はマンネリ対策も重要です。

 

マンネリは精力も低下させEDを増長させてしまいがちだからです。
どんな場合でも、中年になったら生活習慣病の予防から、不妊症対策は始まると覚えておきましょう。

 

☆病院に行かずに自宅でED解消する方法☆
     ↓   ↓
こちらのページでご紹介しています。

 

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

★旦那様を無理なくその気にさせたいと言う奥様必見!
妊活成功NO1☆お客様満足度93%と超人気です
  ↓ ↓
【クラチャイダム王】