コーヒーの飲み過ぎは子供が出来ない原因

コーヒーの飲み過ぎは子供が出来ない原因となる

コーヒーお好きですか?

コーヒーや紅茶がお好きな方は、男女問わず多いですよね。
私も珈琲好きな方ですが、この言葉を聞いてドキッとした経験があります。

 

それは「コーヒーは不妊症になりやすい」と言う言葉です。
これはコーヒー好きの方には大変ですよね。
コーヒーと不妊の関係についてご紹介します。

 

悪の中枢はカフェイン

コーヒーを飲むと子供が出来なくなると言われるのは、コーヒー自体と言うより、コーヒーに含まれるカフェインが問題となるからです。

 

カフェインは卵子の働きを鈍らさせたり、卵管の活動を抑制し、機能障害の原因を作ったり、卵胞液に含まれる男性ホルモン(テストステロン)の濃度を下げてしまい排卵前の卵子に、必要な環境を悪化させてしまう事があります。

 

その為カフェインは子供が出来ない原因物質の一つだと言われます。

 

冷え性や利尿作用も子供が出来なくなる原因となります

コーヒーの含有成分であるカフェインは、身体を冷やす成分でもあります。その為冷え性で悩む女性には余り好ましくないですし、冷え性は不妊症の大きな原因の一つです。(詳細は冷え性は不妊を作るのページをご参照下さい)

 

また、カフェインには利尿作用もあります。
利尿作用は水分の体外への排出を促しますが、作用が過ぎると妊娠に必要な微量栄養素(ビタミンやミネラル)が足りなくなります。

 

コーヒーの飲み過ぎに注意

この様にコーヒーにはカフェインが多いために子供が出来にくい原因となる訳で、子作り中の方は妊娠中の方は、出来れば飲まないほうが良い訳ですが、珈琲好きの方には辛いと思います。又、余り我慢をしてしまうと結果的にストレスとなります。

 

ストレスも不妊の原因ですので、飲みたい時は少しは飲んでも大丈夫です。カフェインの弊害もコーヒーを飲み過ぎないとそれ程心配する事もないと思います。

 

然し一日に5〜6杯以上飲むことは控えて、一日1〜2杯位にしたほうが良いでしょう。

 

たんぽぽコーヒーがお勧め

どうしても一日に多めのコーヒーを飲みたい場合は、ノンカフェインタイプのコーヒーにすると良いでしょう。

特にオススメなのは、たんぽぽから作っているたんぽぽコーヒーです。
たんぽぽコーヒーならノンカフェインで、身体を冷やすこともないですので多量に飲んでも問題がありません。また、たんぽぽコーヒーは通常のコーヒーに似ているので珈琲好きな方も満足できると思いますし、たんぽぽも妊娠に効果があるので一挙両得です。

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい