不妊情報

基礎体温から分かる不妊の兆候

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

基礎体温の記録は、排卵日を予想する事が出来るため、
妊娠するためにはとても重要です。
また、基礎体温を把握することにより、不妊体質になっているかどうかも分かります。

 

  

 

こんな状況は要注意

基礎体温は、正常な状態では、低温期と高温期が一定の日数で繰り返されています。
個人差はあるものの、低温期が12日〜20日間続き、排卵後に10日以上高温期が続きます。

 

然しホルモンバランスが崩れていると、このサイクルが大幅に変動します

 

例えば、低温期が21日以上続いたり、高温期が9日以下と短かったり、高温期と低温期が分かれていない場合等は、ホルモンバランスが崩れてしまい、不妊症の原因となる症状があったりする場合もあります。

 

もし何度もこのようなおかしい状態になるようなら、一度病院で検査をしてもらったほうが良いかも知れません。

 

 

基礎体温計測のポイント


出来るだけ毎日、同じ時間に計測する(測る前は身体を休めて安静にしてから測る)

 

計測の原則としては、朝目覚めた時直ぐに測ること(布団から出る前の状態で測る)

 

測り方は、舌下式(舌の下に体温計を挟んで計測する方法)が基本

 

測り忘れがあってもそのまま計測と記録を続ける。

 

一日や2日測れなくても止めない