2人目で不妊になってしまったら

2人目で不妊になってしまったら

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

 

 

 

2人目は不妊になりやすい?

2人目が不妊で、中々出来ないと言う悩みをお持ちの方も多いです。
特に一人目が何の問題もなく妊娠して出産できている場合は、不妊症や不妊体質に対する知識も少なくその為、その内出来るだろう。前もそうだったしと、のんびりと過ごしてしまうケースも少なくありません。

 

しかし、一人目の子供は問題なく妊娠しても、二人目は不妊症になってしまうと言う事も決して少なくありません。

 

余り気に病むのも良くありませんが、二人目を作ろうと思い、1年以上普通に性交渉を持っているにも関わらず、妊娠できないと言う場合は、2人目不妊を疑い早急に対処する事をおすすめします。

 

 

年齢が大きな原因となる

35歳の壁という言葉をご存知でしょうか?
35歳の壁とは、女性の出産に関わる身体機能は、加齢で低下するのですが、その一つのキーポイントとなる年齢が35歳だと言う意味です。
実際に20代と30代では、生殖機能も低下してきます。

 

そして以前は35歳を超えれば、ほとんど妊娠は不可能と言われていました。
然し現代は、不妊治療の進歩により、35歳を超えて40代に入っても妊娠できるようになってきています。
それでも、不妊克服の為には若いほうが良いのは事実です。

 

2人目が不妊となる場合、原因として一番多いのは、年齢です。
一人目はそれなりに年も取っていなかった為、不妊になることもなく妊娠できたが、その後育児等に追われて時間を過ごしてしまい、いざ2人目を作ろうと思った時は、年齢が不妊の原因となっていたと言うケースです。

 

特に現在は晩婚化が進み、一人目を出産する年齢も高齢化しています。
その様な状態で二人目を考えるのであれば、年齢を考慮して初めから大まかな予定を組んでおいた方が良い訳です。

 

生活習慣がふたりめの不妊を作る

年齢以外で二人目不妊の原因となるのは体質です。
人には個人差と言うものが存在します。
それは生殖機能に対しても同じです。

 

例えば40歳でも不妊症にもならずに、出産できる人もいれば20代でも不妊症に悩む人がいます。
これは全て、その人の体質が影響しています。

 

不妊体質なのか、妊娠体質なのか、それを決めるのは、過去の病気や生活習慣です。
例えば、人間の身体は約60兆もの細胞から出来ています。
この細胞に栄養を送って、老廃物と言うゴミを体外に排出する事により、私たちは健康に生きていける訳ですが、その為に働き物が栄養素です。

 

つまり普段の食事で何を摂っているかで決まります。
それ以外には、ストレスやタバコやアルコール、運動等の状況が、貴方に妊娠に適している体質かそれとも不妊体質化を決めると言っても過言ではありません。

 

二人目の不妊も特別ではない

中には、一人目の出産の時に何かしらの問題があって、今度は妊娠できないのではないかと考える人もいますが、一人目の出産が特に問題がない出産であれば、その様な事はまずおこりません。

 

二人目で不妊となっているのは、

 

 一人目の出産を終えた後から現在までの生活習慣に何か問題があるか?
 たまたま一人目は妊娠できたか、
 何かしら不妊症に繋がる症状や病気を持っているからです。

 

その為、一人目であろうと、二人目であろうと、不妊症に対する治療も、不妊体質から抜け出す対策も基本的には同じです。

 

あえて違いがあるとするなら、一人目の子供を妊娠した時よりも、二人目である現在のほうが夫婦共に身体機能が低下していると言う事です。勿論妊娠に関わる生殖機能も低下しています。

 

この点だけが一人目と二人目の違いと言えますが、それでも不妊対策としては同じ方法で問題ありません。もし、貴方が経済的に不妊治療を受けられるならば、早めに病院を尋ねた方が良いと思いますし、いきなり病院はチョットと思うならば、自分で出来る不妊対策を自宅で行いながら不妊体質を改善しましょう。