35歳からの不妊解消

35歳からの不妊解消

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

・35歳からの初産が増えている

 

35歳からの妊娠を高齢出産と言いますが、昔から見ると明らかに、
35歳を超えてから子供を授かる女性も増えています。
35歳からの初産を高齢初産と言いますが、現在は、
この高齢初産がとても増えていて、30年前から見ると約5倍近い数に
なっているとも言われます。

 

ですので、もし貴女が現在30代半ばで、
これから初産を迎えるとしても、過剰に心配する必要はありません。

 

 

・35歳は不妊のターニングポイント?

 

正直に言うと、35歳を超えると不妊症になりやすいと言うのは事実です。
なぜ35歳から不妊が増えるかと言うと、加齢によって妊娠に適している期間が
短くなってしまう事に加えて、卵巣機能などが低下してしまうからです。
(関連情報ページ:卵子のサビ取りをしよう)

 

このような機能低下は、原因不明の不妊症につながります。
特に身体的な異常がないにも関わらず、妊娠できないと言った
不妊になってしまう場合が多いです。

 

そして、過剰な心配はストレスを増やして、益々貴女を妊娠から遠ざけます。
ですので、35歳からの妊娠には、不妊の原因や対策をしっかり理解して
過剰に悩んだり心配しない事が必要です。

 

 

・35歳からの不妊対策とは

 

35歳を超えている方の場合、何らかの不妊治療を行なっている方が多いと思います。
そしてそれで不妊症を解消出来ていれば問題ないのですが、多くの場合、今も
不妊治療の効果が出ずに、現在も不妊症に悩んでいると言う方が多いのではないでしょうか?

 

その様な35歳からの不妊対策には、自分で行う不妊対策が必要となります。
自分で行う不妊対策とは、栄養と運動、ストレスコントロール等です。

 

私たちの体は、栄養が必要不可欠です。
加齢によって低下してきた身体機能の低下を抑えて、妊娠しやすくする為には
栄養や運動、ストレス軽減が必要不可欠だからです。

 

今も昔も、本来人間の体は、40歳を超えても十分自然分娩が可能なように出来ています。
しかし、食生活や運動不足等のこれまでの生活習慣が、その力を低下させてしまっています。

 

ですので、貴女が本来もっているパワーを、身体の中に戻して上げる事が大切です。
その為には、栄養をしっかりと摂り運動を行い、ストレスを解消する事により
免疫力や新陳代謝を向上する事が必要です。

 

これらの事がしっかり出来ていれば、今行なっている不妊治療も結果が
出やすくなりますし、特別な不妊治療を行わなくても、自然に妊娠する
事だって可能です。

 

そしてそれは、不妊のターニングポイントと言われる35歳を超えても同じです。
もし貴女が不妊治療だけに任せっきりなら、これからは今までの生活習慣を見つめてみて、
自分で行う不妊対策に取り組んで見たらいかがでしょうか?