原因不明 不妊

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

原因不明の不妊(機能性不妊)もあります。

不妊症の中には原因不明の不妊と言うものもあり、約1割〜2割程度不妊の原因が不明だと言われています。
この様な原因が不明の不妊を機能性不妊と呼びます。

 

原因不明の不妊(機能性不妊)には、二種類の考え方があります。それは、現在の生殖医学では解明出ないと言う意味での原因不明不妊と、非常に特定が困難な為に、通常の検査では発見できない(出来にくい)と言う原因不明の不妊です。

 

特定が困難なケース

特定が困難なケースとしては、隠れ男性不妊や初期の子宮内膜症、着床不全等です。

 

隠れ男性不妊

隠れ男性不妊とは、通常の精子の問題(数が少ないとか運動能力が少ない等)ではなく、受精能力に問題がある場合です。
隠れ男性不妊は、通常の検査では発見できない場合が多く、精子機能精密検査をしないと発見できない場合が多いです。

 

初期の子宮内膜症

初期の子宮内膜症は、初期段階であるために、外からでは判らない場合が多く、その為原因不明とされるケースが多いです。

 

着床不全

着床の問題は現在最も不明点が多い問題と言われていて、その為、着床が絡んでいる問題の中には機能性不妊となるケースが多いです。
着床の問題は幾つかの原因があるのですが、原因の特定が困難なケースが多いです。

 

解明できない原因不明不妊

残念ながら現在の医学では原因が判らないケースもあります。
不妊治療で実績のあるクリニックでも、不妊治療を尽くしても原因が最後まで掴めず、妊娠できないと言うケースが約1割位あるそうです。

 

然し現代医療の中でも不妊治療の分野は、現在目覚しい発展を遂げている分野です。
以前は原因が不明と言われていた抗精子抗体や卵管采による卵子のピックアップ障害などは、原因が解明され現在では妊娠が可能な状態に変わってきています。

 

 

諦めないことが大切です。


この様に現在は原因不明の機能性不妊だとしても、もうじき原因が解明される可能性もありますし、妊娠できないのは、ただ単に確率の問題と言う事もあります。

 

確かに不妊の原因が不明と言う状況は、精神的にも辛いと思います。
でも、諦めないで頂きたいと思います。

 

諦めずに可能性を信じて、夫婦二人で協力して乗り切る事が大切です。
この言葉は、原因不明の不妊と診断されても、子供を諦めずに頑張り、とうとう妊娠できたあるご夫婦の言葉です。
可能性があるうちは諦めないで欲しいと思います。