外見から見た不妊症になりやすい人

外見から見た不妊症になりやすい人

不妊症にはなりやすいタイプの人がいます。
その様なタイプは、外観からも判断する事が出来ます。
不妊症に対する予防知識の一環としてご紹介します。

 

骨盤の小さい人

昔から、お尻の形で妊娠しやすいとか、妊娠しにくいと言う事が判断できると言われてきました。有名な所では、お尻が丸く大きな女性は安産型と言われてきます。これは骨盤が大きいと言う事です。

 

そして逆に骨盤が小さいタイプの人は不妊症に多いようです。
骨盤が小さいタイプは、お尻が小さく扁平な形をしています。

 

ボーイッシュな感じのする人


どちらかと言うと女性的ではないスタイルの人、いわゆるボーイッシュな感じのする人も、不妊体質である時があります。具体的に言うと、バストやヒップが小さく、眉毛や髪の毛が濃い感じの人です。

 

眉毛や髪の毛については、単に妊娠しにくい人に多いタイプと言う事で、不妊体質と迄は言えませんが、バストやヒップが小さいと言う事は明らかに妊娠にはマイナスです。

 

バストやヒップの発育が良くないと言う事は、妊娠に必要不可欠な臓器(子宮や卵巣など)も発育が良くないと言う場合が多いからです。当然このような臓器の機能が低下しがちだと、不妊体質になって行っても不思議ではありません。

 

太っている人


太っていると言っても、多少であればそれ程気にする必要はありませんが、標準体重を大幅に超えていたり明らかに肥満と言える状態は、とても高い確率で不妊症になる危険性があります。

 

肥満は内分泌系に悪影響を与えてホルモンバランスを崩したり、排卵障害をおこしやすくなるからです。
肥満に関する詳細情報は、太っているとなかなか妊娠できないって本当?のページを御覧下さい。

 

痩せている人

肥満と逆に、痩せすぎも不妊症を招いてしまう場合が多いです。
理由としては無排卵になりやすくなるからです。
ただ、痩せていても問題がない人もいます。

 

痩せていても問題がない人とは、元々の体質が痩せ型で、痩せていても身体機能的に特に問題がない場合です。痩せていても、生理も順調で冷え性やめまい等を感じる事もないのであれば、痩せていても問題がありません。

 

問題がある痩せ方


逆に問題がある痩せ方をしている人は注意が必要です。
一番問題な痩せ方としては、極端なダイエット(間違ったダイエット)や病気、心労などで急激に体重が減ってしまった様な痩せ方です。

 

このような痩せ方は、ホルモンバランスを崩して排卵のリズムが狂い、無排卵になってしまう場合が多いです。急激に痩せてしまい、痩せすぎた体型になった人は早急に標準体型に戻す必要があります。

 

自宅で行える手軽な不妊対策法


  ★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい