妊娠しやすい食べ方

一日3食より5食が妊娠しやすい食べ方

 

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

★旦那様を無理なくその気にさせたいと言う奥様必見!
妊活成功NO1☆お客様満足度93%と超人気です
  ↓ ↓
【クラチャイダム王】

 

 

 

 

 

 

 

 

一日5食食べたら太らないの?

一日三食バランス良く食べましょう。
これが一般的に勧められる食事の摂り方ですよね。

 

しかしもし貴女が今現在太りぎみで、痩せなければいけないとしたら
思い切って一日三食から一日5食に変えてみましょう。

 

一日5食も食べたら太るんじゃないと思うかもしれませんが、むしろ逆なんです。
食事から食事の間の時間が、長ければ長いほど太りやすくなります。

 

これは、お相撲さんの食事方法を見ていれば一目瞭然ですよね。
少ない回数でどかっと食べるとどんどん太ります。
逆に回数を多くして、食事から食事の間の時間を
短くすれば太りにくくなります。

その訳は血糖値

食事と食事の間を短くすれば太りにくい訳は、血糖値の特徴によるものです。

血糖値は、食事の直後は高く、その後徐々に低くなります。

 

この血糖値の急激な上昇は、体内に脂肪を溜め込んでしまうために
防ぎたいのですが、食事から次の食事までの時間が長いほど、
血糖値は急激なアップダウンを繰り返します。

 

逆に時間が短いと、ゆるやかになるので、体内に脂肪が蓄積されにくくなる訳です。
このような理由で、食事の回数を増やして一日5食にしたほうが痩せやすく、
太りにくいので肥満を防ぐことが出来ます。
そして、肥満は不妊の原因となるので、肥満を防ぐことにより妊娠しやすくなる訳です。

一日5食の内訳

一日5食と言っても、夕食後に食べることはNGです。
一日5食の内訳としては、朝、朝と昼の間、昼、昼と夜の間、夜の5回です。

 

簡単に言うと、10時と3時に食べると言うことですよね。1
0時と3時と言うとおやつの時間ですが、勿論甘い物は避けて下さいね。

 

どうしてもスイーツを食べたい時は、和菓子にしましょう。
洋菓子のように脂肪と糖分を一緒に摂ると、いきなり太りますから避けて下さいね。