妊娠力

妊娠力を身につけよう

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

★旦那様を無理なくその気にさせたいと言う奥様必見!
妊活成功NO1☆お客様満足度93%と超人気です
  ↓ ↓
【クラチャイダム王】

 

 

 

妊娠力は男女共に必要

妊娠力とは妊娠できる力の事ですが、何となく妊娠力というと、女性に求められているニュアンスに聞こえる場合が多いように感じます。しかし、子作りは夫婦二人の共同作業であるように、妊娠力も女性と男性の両方に必要です。

 

女性の妊娠力


現在、妊娠しやすい身体状況かどうかを、女性に絞って考えると、一番重要な事は、卵巣や卵子の状態です。そして、卵子や卵巣は年齢とともに劣化しやすいと言う性質を持っていますので、年齢という壁が女性の妊娠力を阻害する要因の一つであると言えます。

 

卵子は極端な言い方をすれば、赤ちゃんの卵と言えます。
そして卵巣は、卵子を育てたり状態を良好に保ち、妊娠しやすい状態を作ります。

 

その為、妊娠には卵子と卵巣の状態が良好に保たれる事が重要なのですが、どうしても加齢により劣化してきます。その年齢の境界が35歳と言われています。

 

勿論個人差があり、一概に35歳を過ぎれば妊娠できないとは言えませんが、やはり30代後半を超えれば妊娠しにくい事は事実ですので、現在30歳や20代後半で、いずれ子供を持ちたいと思っている女性の方は、この年齢の壁と言う言葉を覚えておいて頂きたいと思います。

 

卵巣や卵子の状態を良くするには

卵巣や卵子の状態を良くする為に必要な事は、卵巣が老化しないようにする事と食事の内容が大切です。
極端なダイエットや偏食、バランスの悪い食事等、喫煙、ストレスの溜め込み等は卵巣の老化を急激に促進します。

 

ですので、卵巣を良好な状態に保つために、禁煙、栄養バランスの取れた食事を規則正しく摂る。有酸素運動を行い、運動不足や冷え性を解消&予防する。睡眠を十分摂る。等が必要になります。

 

その上で、卵子や卵巣を健康に元気にする食材を食生活に取り入れましょう。

 

そのような食材には、ビタミンA、B、E、フラボノイド、カテキンと言った様な、抗酸化力を持った食材(野菜、果物、魚介類、海藻など)があります。中でもアスパラガス(グリーンアスパラガス)や豆腐、ひじき、ゴマ、きな粉等がお勧めです。また、抗酸化力の強い食材は卵子と共に精子の状態も良くする働きも持ちます。

 

男性の妊娠力


子供を作るためには、女性だけではなく男性側の状態も大切です。
男性側の状態の中で、最も妊娠に対して影響を及ぼすのは、ED等を除けば精子の状態です。
精巣(睾丸)で、良質で元気が良い精子が作られる事(造精機能と言います)が、男性側の妊娠力には必要です。

 

然し、造精機能は様々な要因で弱くなる事が多く、食事内容や生活習慣のあり方等に、大きく影響を受け易いです。ですので、精子の状態を悪くしないように、普段から心がける必要があります。

その為には、喫煙や過労、ストレスが溜まる生活、偏った食事内容や食生活、運動不足、睡眠不足等があるようなら、まず、現在の生活習慣を見直す事が必要です。

 

禁煙、こまめなストレス発散、バランスの良い食事をきちんととり、インスタント食品等は避ける。有酸素運動(ウオーキングがお勧め)を行い、運動不足解消とストレス発散を行う。睡眠を十分摂る。等の生活スタイルにしましょう。

 

また、排気ガスや酸性雨等の環境ホルモン(有害ホルモン)による悪影響も、精子の数を減少させたり質を低下させると言われます。
環境ホルモンから身を守る事も大切です。