30代後半と妊娠

30代後半でも妊娠できる人・出来ない人

可愛い赤ちゃんが本当に欲しい方は
下記のページも役立ちますよ。♪

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

★旦那様を無理なくその気にさせたいと言う奥様必見!
妊活成功NO1☆お客様満足度93%と超人気です
  ↓ ↓
【クラチャイダム王】

 

30代後半でも諦めないで


30代後半女性の中には、妊娠を諦めている人も多いようです。
その様な方の多くは、女性が妊娠できる年齢は30代前半までで、35歳を超えて30代後半になると、もう妊娠は出来ないと思い込んでいるケースが多いです。

 

確かに女性の妊娠にとって、年齢は大きなファクターの一つである事は事実です。
然し、必ずしも30代後半になると、子供が出来ないかと言うと、そんなことはありません。
20代や30歳位の年齢と比較すれば、30代後半は出産しづらいのは確かですが、それでも現代は医療の進歩などにもより、30代後半の女性でも妊娠・出産が出来るようになっています。
今現在30代後半で、子供が欲しいと思っている人は、諦めない事がまず大事です。

 

年齢の壁とは

30代後半になると妊娠できないと言われるのは、加齢により子供を作るための機能が低下してしまうからです。

 

例えば、子供を産むためには、卵子や卵巣の働きが重要ですが、年齢と共に低下してしまいます。これは一種のエイジング(老化)作用です。その堺目が35歳だと言われていて、その為35歳が、妊娠に対する一つのボーダーラインだという意味で、出産には年齢の壁があると言われます。

 

しかし、人間の身体には個人差があり、全員が皆同じだと言う事はありません。
例えば、20代でも出産できない人もいれば、30代後半でも無事出産できる人もいます。

 

妊娠できる人と出来ない人の違いとは


それでは、妊娠できる人と妊娠できない人の違いとは、何だと思いますか?
それは妊娠に必要な、身体機能の状態です。
中でも卵子と卵巣の状態が、妊娠に大きな影響を与えます。

 

健康的な赤ちゃんを産むためには、赤ちゃんの元となる卵子が必要です。
そして卵巣が、卵子の状態を良好に保ちます。
この時に卵巣の状態が良ければ、性ホルモンの分泌が良好に行われるので、卵子の状態も良くなり、妊娠・出産も問題なく行えるわけです。

 

つまり、卵巣や卵子の状況が良くなければ、赤ちゃんを授かりにくいと言えます。
これが妊娠できる人と、できない人との違いです。

 

一般的に言われる年齢の壁は、加齢により30代後半になれば、卵巣が老化により卵子が成熟しにくくなったり、受精できない卵子が排卵される様になる場合が多いので、年齢の壁が、妊娠できる人と出来ない人との違いだと言われます。

 

しかし、卵子や卵巣の状態は、年齢だけで決まるわけではありません。
年齢による機能低下には個人差もありますし、遺伝的な影響も受けます。
そして何より生活習慣の状態で大きく左右されます。

 

また、現在は昔と比べて、出産年齢も高齢化しています。
これは、医学等の発達により、年齢の壁を超えても出産が可能になっていると言う証拠です。
現在は妊娠できる人と出来ない人の一番の違いは、生活習慣にあると言っても過言ではありません。

 

生活習慣をチェックしましょう。


つまり妊娠できないかどうかは年齢も関係ありますが、それ以上に生活習慣が大きく影響を与えていると言う事です。
貴女の生活習慣が、子供を授かりやすい生活習慣かどうかを知る事が、妊娠に向けての第一歩です。生活習慣の中で大きく関係するのは、食事と運動、ストレス、嗜好品等です。

 

食生活

毎日の食生活がバランスの悪い内容で不規則だったり、インスタント食品が多いと言った様な内容だと、妊娠からは大きく離れてしまい不妊に向かっていると言えます。
食生活は、人間の身体を正常に維持する上での基本です。
バランスが良い内容の食事を朝昼晩と規則正しく食べましょう。
また、インスタント食品は出来るだけ避けたほうが良いです。

 

卵子と卵巣に良い栄養素

    
バランスの良い食生活を基本として、卵子や卵巣の健康に働く栄養素を食事に取り入れましょう。
基本的には、身体の機能を老化から守り、アンチエイジング効果がある抗酸化ビタミンや、抗酸化作用のある栄養素が良いです。具体的にはビタミンEやビタミンC、ポリフェノール類等ですが、フラボノイドやカテキン等は、野菜やお茶に多く含まれるのでお勧めです。

 

食材としては、野菜や果実、海藻類、魚介類等ですが、中でもグリーンアスパラやごま、豆腐、きな粉、等は卵巣や卵子に良いとされています。

 

運動不足解消

肥満や運動不足も妊娠できにくい要因です。
その為有酸素運動を生活に取り入れましょう。

中でもお薦めの運動はウオーキング(散歩)です
一日30分〜1時間程度歩きましょう。

 

一日数回に分けても良いですし、短い時間でも出来るだけ毎日行いましょう。
運動の効果は運動不足解消のみならず、ストレスの発散にもなりますし、質の良い睡眠の為にも有効です。

 

ストレス

ストレスは活性酸素の害を増幅し老化を早め、身体機能を低下させるのでストレス対策は重要です。
ポイントはストレスを溜め込まない事です。
その為にはマメにストレスを発散させる事が大切です。

お気に入りの入浴剤を入れたお風呂にゆっくりと浸かるとか、スイミングやウオーキング等の適度な運動が効果的です。

 

また、アンチエイジング効果を持つ食品などを摂るようにしましょう。
抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンCやビタミンE、緑黄色野菜や果物等に多いベーターカロテンや、赤ワイン等に含まれるポリフェノール、大豆製品に多いサポニンやゴマ等に多いセサミン、トマトのリコピン等がお勧めです。

 

嗜好品

喫煙は100害あって一利なしです。
更に貴女を不妊に突き落とします。

 

タバコを吸う方は早急に禁煙しましょう。
飲酒は過度の飲酒は止めましょう。

 

また、冷え性も良くありませんので、身体を冷やす食べ物や飲料、薄着などにご注意下さい。

 

ダイエット

肥満は妊娠できにくいので太っている方はダイエットの必要がありますが、極端なダイエットを行うと逆効果になり不妊症になりやすくなります。

ダイエットを行う時は食事のバランスを崩さずに有酸素運動を取り入れて、少しづつ行いましょう。
また、むやみにダイエットをする必要はありません。

 

睡眠

睡眠不足はホルモンバランスを崩すので、しっかり睡眠をとりましょう。
また、疲労を溜め込まないようにしましょう。

 

以上簡単ですが、30代後半の妊娠に役立つ情報をご紹介しました。