40代の女性と妊娠

40代の女性と妊娠

 

下記のページも役立ちますよ。

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

★旦那様を無理なくその気にさせたいと言う奥様必見!
妊活成功NO1☆お客様満足度93%と超人気です
  ↓ ↓
【クラチャイダム王】

 

 

40代の女でも妊娠は可能?

以前は40代の女性の妊娠は、ほぼ不可能と言われていました。
妊娠には年齢の壁があると言われていて、若ければ若いほど妊娠しやすいのは事実です。

 

その境界線と言われるのは35歳です。
35歳を過ぎると女性の生殖機能は低下してしまう為、妊娠できないケースが多いと言われます。しかし人間の体力には個人差があるように、生殖機能にも個人差があります。

 

年齢だけで全てが決まると言う事はありません。
更に近年不妊治療の発達も進んできているので、今までは不可能とされていた40代女性でも妊娠が可能になってきています。

 

40代の女性が妊娠するためには


40代の女性が妊娠する為に必要な事は、卵巣のアンチエイジングです。
つまり、卵巣の老化を防ぎ、卵巣が若くいきいきと機能できる状態を作り維持しましょうと言う事です。

 

妊娠にとって、とても重要な事の一つが、卵子と卵巣の状態です。
卵巣で高品質の卵子を育てる事が出来れば、40代の女性でも妊娠する事が可能です。つまり40代女性が、念願の赤ちゃんに恵まれるには、卵巣の老化を防ぎ、質の高い良い卵子を作れる事が必要です。

 

DHEAで卵巣の若返りを

DHEAとは、デヒドロエビアンドロステロンと呼ばれる、副腎皮質ホルモンの一種です。DHEAはホルモンの母とも言われていて、卵巣機能を高める働きがあります。

 

近年の研究で、DHEAには39歳以上、つまり40代女性の採卵率が上がり、受精卵になる確率も上がると言う研究結果が出ています。
つまりDHEAは、40代の女性の卵巣機能の低下を防ぎ、卵子の質が上がると言われていて現在注目を集めています。

 

DHEAを減らさないように

DHEAはタバコや飲酒、ストレス、脂肪分が多い食事、激しい運動(無酸素運動)、排気ガス、紫外線、活性酸素等により減少します。40代の女性で、赤ちゃんを諦めていない人は、DHEAが減らない生活を心がけましょう。

 

DHEAはワイルドヤム(北米に自生する野生の山芋)に多く含まれますが、日本では自然薯(山芋)に含まれます。ですので自然薯を料理に加える事もお勧めです。
ただ、吸収率が悪いので本格的にDHEAを摂取するならサプリメントでの摂取がお勧めです。ちなみにDEEAは通常は40歳未満の方は摂取する必要はありません。40代の女性のみ必要な栄養素です。

 

毎日の習慣をチェックしましょう。


40代の女性でも30代の女性でも、卵巣や卵子を良い状態に保つ必要がある事は一緒ですが、その為に必要なポイントは日々の生活にあります。
生殖機能に限らず、人間の身体機能の全ては、必要な栄養素を必要な場所(細胞)に適正に補給すると共に、燃えカスである老廃物を排出する事により維持しています。
この栄養素の補給と老廃物の排出等を新陳代謝と言いますが、この働きが良好であればあるほど、身体の臓器や組織も元気よく働けるので、老化を防げますし妊娠もしやすい訳です。

 

逆に悪ければどんどん老化が進み、妊娠できないと言う事になります。
そしてその鍵を握っているのが、食生活やストレスコントロール、運動、疲労回復等の日常生活での習慣です。

 

生活習慣が妊娠を妨げない状態であれば、40代の女性でも妊娠する事は可能ですし、逆に妊娠を妨げる状態であれば、30代や20代の女性でも妊娠する事は難しいと言えます。

 

ただ1つだけ言えるのは、同じ状態であれば40代の女性より、30代の方が30代より20代の女性の方が妊娠しやすいのは事実です。しかしそれは日々の生活習慣の状態により大きく変動します。さあ、40代の女だからと卑屈にならず諦めずに、前向きに妊娠を目指しましょう。

 

良い習慣と悪い習慣


妊娠できる生活習慣を良い習慣、不妊になりやすい習慣を悪い習慣としてご紹介します。
ご自分の現在の生活習慣と比べて見て下さい。
悪い習慣なら、出来るだけ早急に改善する事が、40代の女性でも妊娠できる近道です。

 

食生活

良い食生活:一日三食規則正しくバランス良く食べること。
肉、野菜、魚介類、きのこ類、大豆製品、海藻類、果物等から出来るだけ多い種類の食材を組み合わせて食べる様にしましょう。

 

肥満を防ぐために、低脂肪&高タンパクのメニューを良く噛んで食べます。
また、必要に応じてビタミンやミネラル等のサプリメントも上手に活用しましょう。

 

悪い食生活:偏食・食事抜き・高脂肪食・インスタント食品が多い、外食が多い等の食生活は良くありません。
この様な食生活は肥満の原因になったり、血行を悪くしてドロドロ血状態になりますので、新陳代謝を妨げ卵巣の老化を促進します。食生活のポイント

 

運動


良い運動習慣
毎日運動する習慣を持っている事。
特別な運動でなくても、早足散歩の様な簡単な有酸素運動でも十分OKです。
一日30分から1時間程度行うと良いです。

 

適度な運動は肥満を防ぐだけでは無く、血行を促進して新陳代謝を良好にするので、卵巣などの臓器のアンチエイジングに効果的ですし、肥満防止、ストレス解消、疲労回復、冷え性防止にも役立ちます。

 

これらは全て、妊娠には役立つ事ばかりです。
特に冷え性予防は妊娠にとても重要です。
何故なら体温が0,2〜0,3℃上がるだけで妊娠率が高まるからです。
冷え性と不妊の関係

 


悪い運動習慣
全く運動をしない。当然運動不足になります。
歳とともに人は太りやすくなるので、運動不足が肥満を呼び、冷え性を呼び、血行不良を呼びます。当然妊娠からは大きく遠ざかります。

 

ストレス

良い習慣:ストレスは溜め込まない事が大切です。
その為には、こまめにストレスを解消する習慣を持つことが大切です。

 

悪い習慣:ストレスが多い状態で生活して尚且つストレス解消を全くしない ストレスの不妊の詳細

 

お酒とタバコ

 
良い状態:禁煙・禁酒又は、適度な量を楽しんだり、薬膳酒を少量楽しむ程度の飲酒

 

悪い状態:喫煙・過度の飲酒、特にタバコは活性酸素を増やして、間違いなく不妊の原因となりますので絶対止めましょう。

 

活性酸素

活性酸素は細胞の老化を進めてしまいます。
ですので卵巣も老化させ良い卵子を作る能力を低下させたり、子宮内膜の状態を悪化させるので、活性酸素を除去する事はとても重要です。

 

抗酸化食品や抗酸化ビタミンと呼ばれる栄養素、有酸素運動等で活性酸素を減らすことが出来ます。詳細情報は活性酸素のページを御覧ください。