太っているとなかなか妊娠できない

太っているとなかなか妊娠できないって本当?

 

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

★旦那様を無理なくその気にさせたいと言う奥様必見!
妊活成功NO1☆お客様満足度93%と超人気です
  ↓ ↓
【クラチャイダム王】

 

 

 

 

 

太っている人はなかなか妊娠できない人


肥満は不妊体質になるケースが多いので、妊娠できないと言う状態になりがちです。
太っている事が原因で、排卵障害をおこしたり、月経異常を起こす場合も多く、一説によると太っている女性の約三割に、このような月経異常があると言われています。

 

更に肥満はホルモンバランスを崩したり血流を低下させるので、子宮などの状態も低下しがちです。
この様な事が理由で、肥満の女性は子作りが失敗しやすく、妊娠できない人には、太っている人に多いと言われます。

 

血流が低下する

肥満女性がなかなか妊娠できないと言われる理由の一つに、血流低下があります。
血液は血管を通して、約60兆個あると言われる全身の細胞へ、栄養や酸素を送り、老廃物を呼ばれる不要物を排出する働きを担います。

 

この働きを新陳代謝と言いますが、血流が低下する事により新陳代謝が低下すると、様々な弊害が身体におこります。

 

子宮内への血流が低下すると、当然なかなか妊娠できない出来ないと言う状態になりがちです。更に肥満度合いが高く、中性脂肪やコレストロールも高いと言う状態が続くと、子宮や卵巣などの血管が弱くなったり細くなったりする危険性が高まります。

 

このような状況は子宮等の器官や組織への血流を弱めますので、受精卵の着床や発育の邪魔をする場合も多いです。

 

様々な不妊症疾患の原因となる

肥満は内分泌系へ悪影響を及ぼします。
そうするとホルモンバランスが崩れます。
ホルモンバランスが崩れると、不妊症を発症させやすくなりますが、中でも無排卵や多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)等の排卵障害をおこしやすくなります。

 

このような疾患は明らかに不妊の原因となるので、このような事を知らずにいると、時間だけが経過してしまい、なかなか妊娠しないな。おかしいなと感じている内に、年齢が経過してしまうと、今度は肥満に加齢が加わり更に妊娠が難しくなります。ですので肥満解消には早めに取り組みましょう。

 

肥満女性は流産もしやすい

万一、妊娠に成功しても、太っていることで、妊娠中毒症等の妊娠中のトラブルをおこしやすくなります。せっかく妊娠に成功しても流産の危険性が高まります。

 

男性も肥満は不妊の元

肥満体質の方はコレステロールや中性脂肪が多いですが、同時に性液にも脂肪分が多い場合が多く、精子の運動を妨げる事が多いです。

また、肥満は糖尿病などの生活習慣病の温床とも言えます。
糖尿病になると高い確率でインポテンツになります。
そうなれば当然男性不妊症になります。

 

ダイエットの方法が大切です。

結論として、なかなか妊娠できないと言う女性の中で、肥満傾向にある人は早急にダイエットに取り組む必要があるわけですが、ダイエットのやり方によっては、益々妊娠できないと言う状態になる場合もあります。

 

妊娠体質になるためのダイエットの最大のポイントは、極端な方法は行わないと言う事です。
 

 

いきなり短期間で体重を落とすような方法(例えば食事を抜くとか、特定の食品だけしか食べない等)で痩せると、体重は落ちても、ホルモンバランスを崩したり、内分泌系が異常になったりするので、益々不妊になります。ですので、バランスの良い食事を必要な量摂りながら、有酸素運動を生活の中に取り入れながら、少しづつ体重を減らして行きましょう。

 

時間をかけて少しづつ痩せる方法が妊娠に貴女を近づけます。
くれぐれも間違ったダイエットだけは行わないようにご注意を!

 

 
効果的で綺麗に痩せられるダイエットをお探しならご覧下さいね。