体外受精

体外受精の基礎知識

 

体外受精とは

体外受精とは、受精から着床までの妊娠に関わる行為を全て体外で行う方法を言います。
体外受精と人工授精の違いがよく解らないと言う方も多いですが、簡単に言うと、人工授精は精子を女性の性器内に注入して妊娠させる方法です。

 

つまり体内で行うか体外で行うかの違いです。
また、人工授精の場合は、必ずしも夫の精子でなくても行えますが(AID)、体外受精の場合は配偶者間以外での体外受精は法律で禁止されているので、夫が無精子症などの場合は行うことが出来ません。

体外受精と顕微授精の違い

体外受精と似ている方法に顕微授精があります。
どちらも体外で卵子と精子を受精させる手法ですが、両者には違いがあります。
その違いとは受精の方法です。

体外受精では、精子は自分の力で卵子の中に入って受精しますが、顕微授精の場合は、人工的手法で精子を卵子に入れます。

 

また、体外受精では複数の精子を使い、どの精子が卵子に受精するかは自然任せですが、顕微授精では、顕微鏡検査により選ばれた一匹の精子だけを使います。

 

このように似ていて異なるなる手法が、体外受精と顕微授精です。

 

体外受精は最後の砦

卵管に重大な障害を持っていたり、原因不明の機能性不妊症で、いくら治療しても効果がない、AIH(人工授精)でも妊娠できなかったと言うような、従来では子供を産むことを諦めざるをえない夫婦にとっては、体外受精はまさに最後の砦と言えると思います。

 

体外受精の条件

体外受精を受けるには一定の条件をクリアしている事が必要です。
その条件とは

 

@卵管以外に妊娠を阻害する疾患等の異常が無いこと

 

A卵子が成熟できる身体条件(卵巣や子宮の状態)をクリアしている事

 

Bホルモン機能が正常である事

 

C法律的に認められた配偶者の精子である事(日本の場合)等です。

 

このような条件をクリアしていて、体外受精じゃないと難しい状況(例えば治療不可の卵管障害や治療不可能な免疫性の不妊症やAIHの効果がない機能性不妊、精子数が少なくて体外受精以外の方法が難しい場合等)にある場合に、体外受精が検討されます。

 

体外受精で誕生しても問題なし


体外受精で誕生した我が子は、障害などなく、自然分娩と同じく健やかに育つだろうかと言う事を、気にされる方も多いと思いますが、今まで特に異常があったと言う報告は無いそうですから安心できると思います。一応検討する段階で、最新情報を病院で確認する事をおすすめします。

 

事前情報の把握が大切です。

体外受精は多くの方が未経験の事だと思います。
未経験なだけに、不安と心配でいっぱいになる場合もあると思います。
体外受精でも自然分娩でも、ストレスは少ない方が良いです。

 

何故なら過度のストレスは臓器を傷つけるだけでなく、ホルモンバランスを狂わしたり、卵子や精子の質を低下させる原因となるからです。参考:不妊とストレス

 

その為には、解消できる不安は、早急に解消するべきだと思います。
不安は解らないから募ります。
体外受精のポイントや実際に行う際の手順など、少しでも事前に入手出来る情報は入手して理解しておきましょう。

 

それにより少しでも不安は遠のきます。
関連情報ページ:体外受精の方法 

 

また、不安の解消には、主治医との信頼関係もかかせません。
気になることや、質問、不安な事など、どんどん主治医の相談してみましょう。
もし、余りにも対応が悪かったり、質問への答えが専門的すぎて、難しい事しか言わない様なドクターの場合は、主治医を変えたり病院を変えるなども考えたほうが良いかもしれません。

 

その様なドクターでは、安心して任せる事は難しいと思うからです。

 

体外受精は保険(健康保険)が効きません。
(現在は民間の不妊保険等があります→不妊治療の助成金と不妊治療の保険
ですので費用的な事も、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

 

精神的にも経済的にも負担が多い方法が体外受精です。
その為事前に情報を収集して後悔しない判断をするようにした方が良いと思います。

 

転院も場合によっては必要です

体外受精の方法は、その病院によって異なります。
これは使用する培養液や、医師の考え方や治療方針に違いがあるからです。
そしてその方法があっていない場合もあります。

 

その様な場合は、思い切って転院を考えるのもひとつの考え方です。
ですので数回体外受精を行なっても全くダメな場合は、転院を考えてみるのも良いと思います。
体外受精の場合は、培養液はとても大切です。
常に培養液のチェックを行なっていて、質の良い卵子を育てられる体制を持っている病院が良いです。

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい