不妊治療

不妊治療ー病院選びのコツとポイント

不妊治療を考えた時に、一番初めに戸惑ってしまうのは、どの病院を選べば良いかと言う事です。
特に不妊治療の経験がない方の場合は、戸惑うことも多いのではないでしょうか。
何故なら同じ産婦人科でも、不妊治療への取り組みや実績はそれぞれ異なるからです。

 

不妊治療は本格的にはじめると、費用も時間も精神的負担も大きいです。
ですので、不妊治療の成功は病院選びからと言えます。
良いクリニックを選びましょう。

不妊治療、病院選びのポイント

不妊治療外来(不妊外来)がある病院

病院選びのポイントで一番大切な事は、その病院(多くの場合産婦人科です)が、不妊症に対してどれだけ前向きに取り組んでいるかどうかです。
その目安になるのが、不妊症治療に対する専門部門を持っているかどうかです。

 

総合病院なら婦人科だけではなく、不妊症外来(不妊外来)を開設している病院を選びましょう。
また、不妊症治療の臨床経験が豊富な医師のいる病院を選びましょう。

特に個人病院の場合は、しっかり確認しましょう。

 

男女一緒に治療できる病院


不妊症は女性・男性それぞれに原因がある場合が多いので、検査や治療も同じ病院で行えると便利です。
しかし、男と女では担当する科が異なります。
女性は産婦人科ですが、男性の場合は泌尿器科になります。

 

ですので、総合病院の場合は、産婦人科と泌尿器科が併設されていて不妊外来があるなど、不妊治療の取り組みが良い病院を選びましょう。

 

通院が便利で夜間診療がある

治療や検査で長い期間、数多く通院する事になる場合も多いので、お互いに通院しやすい立地条件にある事も大切です。
もし、貴女が仕事を持っているなら職場から近いとか、夜間診療を行なっているか等も重要な選択条件になるでしょう。
何故なら、日中にしか通院できないと仕事を休まなければならない時が増えるので、心理的な負担が増えてしまうからです。

 

先端技術を持っているか

ART(生殖補助医療)等の、先端技術に基づいた医療を提供してくれる病院の方が安心です。
当然、一般的な不妊治療(排卵誘発やタイミング法、人工授精等)で終わるケースの方が圧倒的に多いと思いますが、万一の場合を考えると、体外受精や顕微授精等の先端医療を提供できるARTを受けられる病院だと安心です。

 

中には色々な事情で、この様な最先端医療を提供していない病院を選ぶ事も多いと思いますが、その場合はART等の最先端医療を提供している病院へ紹介してもらえる病院を選びましょう。

 

総合病院と個人クリニック

総合病院と個人クリニックでは、メリットもデメリットもそれぞれ異なります。
まず、設備や先端医療を提供していると言う点では、明らかに総合病院に軍配が上がります。
然し大病院である総合病院の場合は、数が少ないため立地条件に合わなかったり、診察までの待ち時間がかかったりと言うデメリットもあります。

 

また、曜日により診察してくれるドクターが替わる場合もあり、中々コミニュケーションがとりにくいと言う場合もあります。
それに対して、個人のクリニックの場合は、開業医であるため基本的に同じドクターに見てもらえるので、コミニュケーションも取りやすく、様々な相談事も出来ると言う場合が多いですし、全般的に遅い時間や土曜日等も診察してくれる場合が多いです。

 

総合病院と開業医ではこの様な違いがあります。

説明が丁寧である事

一番初めに病院に行く時は、いきなり行かないで、事前に電話で問い合わせて見ましょう。
その時に説明が雑だったりする病院は、その後も同じ様に雑な対応しかしてくれないと思うので辞めたほうが良いでしょう。

 

また、不妊治療への取り組み状況(治療方針、検査項目、治療内容等)をきちんと、ホームページ上で公開している事や、治療実績(妊娠した確率等、勿論根拠あるデーターの裏付けに基づいている事が必要です)等も、きちんと公表している病院を選びましょう。
不妊治療への取り組みはこの様な部分でも判断する事が出来ます。
関連情報ページ:不妊と病院

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい