不妊治療の助成金と不妊治療の保険

不妊治療の助成金と不妊治療の保険

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

不妊治療と助成金

不妊治療に健康保険は使えません(健康保険の適応外)ので、不妊治療法によっては、経済的な負担も大きくなります。
中でも体外受精などの場合は、費用も負担も大きくなります。


このような状態を改善する目的で、厚労省は、特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)に対しては助成金を支給しています。

 

内容としては、1年度あたり1回15万円、最大で2回までとして、通算5年間支給されます。
この助成金の申請は各都道府県で行いますが、730万(夫婦合算)の所得制限が設けられています。
他にも、お住まいの次自体(市町村)によっては、別に補助制度を設けている場合もあります。

 

不妊治療の保険

2012年より不妊治療に使える保険(民間保険)が解禁されました。
解禁により各保険会社が、様々なタイプの不妊治療に対応できる医療保険を発売しています。

 

このような不妊治療の保険は、保証できる範囲も掛け金も各保険会社により様々ですが、従来より不妊治療に対する経済的リスクが少なくなるとして期待されています。
本当は健康保険が適応されれば、もっと不妊治療も進むと思います。
少子化対策の意味から言っても今後は、不妊治療にも幅広く健康保険が適応されるようになれば良いと思います。

 

いざという時の安心に・女性のための保険はいかが!
☆顧客満足度NO1を達成しました☆