不妊治療法

不妊治療法

 

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

 

 

不妊治療法は大きく分けて二つ

不妊の治療法は,大きく分けると二種類の方法に分類できます。
それは、自然分娩を目的とした不妊治療法と,人為的手法により行う不妊治療法です。

 

自然分娩を目的とした不妊治療法


自然分娩を目的として行う不妊治療法は,不妊の原因となる疾患や症状を,治療により正常に戻して自然分娩を可能にする方法です。
この場合、自然分娩を妨げる不妊の原因(症状)を治療して,正常な機能を取り戻す事で,自然分娩を可能にしたりタイミング法等を用いて妊娠を促します。

 

人為的な手法による不妊治療法


いくら自然分娩を望んでも,時には難しい場合もあります。
このような時に,人工授精や体外受精と言った人為的に妊娠できる環境を整えて,妊娠をさせる手法が人為的な手法による不妊治療法です。

 

不妊治療法は,これらの方法のどちらかで行いますが、治療にかかる時間はそれ人それぞれです。
短期間で直ぐに妊娠する人もいますし、時間がかかったり、最終的に失敗に終わる場合もあります。
然し現在では,不妊治療はとても進歩している医療分野でもあり、以前は困難と言われていた不妊症状も克服できるようになり,妊娠に成功するようになってきています。
時間はかかっても諦めない事が大切です。
また、初めから時間がかかると理解しておくことにより、不必要な心配等のストレスから逃れる事も出来ます。

 

男女別の不妊治療法

不妊は男女どちらかに問題がある場合もあれば、両方に問題がある場合もあります。
そして現在の不妊の原因の比率としては、女性が55〜60%、男性が40〜45%位です。
その為不妊治療法も男女別に別れます。

 

女性の不妊治療法

不妊原因の種類が男性に比べて、女性の方が圧倒的に多いです。
ですので不妊の治療法も、女性の方が多いです。
具体的には、原因となる障害や疾患別に不妊治療法もあります。

女性の不妊治療法の種類

女性の不妊治療の方法としては、排卵の治療(排卵障害の治療法)黄体機能不全の治療子宮の治療卵管の治療(卵管障害の治療法)タイミング法(男女共通)等です。それぞれの詳細は個別ページを御覧ください。

 

男性の不妊治療法

男性の不妊治療法も原因別に分かれますが、男性の場合は主に、精子や性交障害等が多いです。
詳細は男性不妊症の治療のページを御覧ください。

人為的な方法

自然分娩が難しい時に、人工授精や体外受精と言った方法で行います。
人工授精には、夫の精子(性液)を使うAIH法と、夫以外の第三者の精子を使うAID法があります。

 

人工授精は、精子を採取して子宮内に送り込んで行う方法です。
対して体外受精とは、受精から着床迄の全てのプロセスを人工的(人為的)に行う方法です。
詳細は人工授精(AIH&AID)のページを御覧ください。