排卵の治療

排卵の治療(排卵障害の治療法)

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

 

排卵の治療とは

排卵の治療とは、排卵障害を改善するための治療ですが、不妊治療の中でも多い治療の一つです。
何故なら女性の不妊の約3割は、排卵障害によるものだからです。

 

排卵の治療法の中で、最も多く用いられる方法が、排卵誘発剤を用いた治療です。
数多い女性不妊の治療の中でも、排卵の治療は進んでいると言われますが、それは排卵誘発剤を用いた治療法の研究が進んでいるからです。

 

排卵の治療と言っても、排卵障害の原因が様々あるので、その障害に合わせた治療を行いますが、排卵治療薬にも種類があり、それぞれの症状に合わせた薬剤を用いて、最新の治療を行なっています。
また、排卵障害の治療のメインは排卵誘発剤ですが、他にも心理療法や化学療法、食事療法等も合わせて行います。

 

排卵の治療の種類

排卵の治療にも、排卵障害が複数あるため、その症状に合わせた治療法が用いられます。
ここでは、多く見られる症状に合わせた治療法をご紹介します。

・排卵誘発剤療法
排卵誘発剤療法は、何らかの障害で排卵できなくなった状態に対して、人工的に排卵を発生させる為の療法で、排卵誘発剤を用いて行う治療法です。

 

排卵誘発剤には、内服薬と注射があり、それぞれいくつかの種類があります。
排卵障害の原因により、使い分けたり複数の薬剤を組み合わせたりして治療を行います。

 

排卵誘発剤療法は、近年めざましく発達した治療法で、排卵の治療が進んでいるのも排卵誘発剤療法の進歩による部分が少なくありません。
特に以前は問題視されていた副作用も、現在は少ないタイプの薬剤も開発されていますし、重症の排卵障害(無排卵等の)にも、素晴らしい効果が期待できるようになっています。

 

然し症状が重かったり、効果が高い薬にはどうしてもある程度の副作用は残ります。
排卵誘発剤療法を行なっている時は、勝手に治療を休んだり服用方法を変えたりすると大変危険ですので、きちんと医師の指示通りに行う事が大切です。

・カウフマン療法
カウフマン療法とは、エストロゲンとプロゲストロンと言う二つのホルモン作用を持つ薬剤を、組み合わせて行う療法です。
排卵を規則手的におこすことにより排卵障害を治療します。

 

このカウフマン療法は主に、子宮の機能低下によって排卵障害を起こしている時に用いられる治療法で、30代後半から40代の方への排卵の治療として用いられる事も多いです。

 

これは、30代後半から40代は、加齢による排卵障害が起きやすい年代だからです。
更にカウフマン療法にクロムフェン等の排卵誘発剤を組み合わせる事により、更に排卵率を高めようとする目的で、カウフマン療法と排卵誘発剤療法を組み合わせて治療を行う場合もあります。

・多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
多嚢胞性卵巣症候群は、PCOSと言う略名で呼ばれる卵巣の疾患です。
排卵障害の方の中でも、肥満体型の女性に多い疾患ですので、多嚢胞性卵巣症候群を防ぐには、肥満対策も大事です。

 

この疾患は、卵巣を覆う膜が硬くなる為に卵子の出口が狭くなり、成長した卵子が溜まってしまい、結果的に卵巣が大きく腫れてくる疾患です。
多嚢胞性卵巣症候群の治療には手術と薬物療法がありますが、手術を行うにしても薬物療法を併用して行います。
この時に使われる薬物は、排卵誘発剤や副腎皮質ホルモン剤等です。

・心因性の無排卵
心因性の無排卵は、検査によってどこにも機能的な原因が見当たらない時に疑われる症状です。
この疾患は、生活上のトラブルや神経質すぎること等が原因(神経症)になる場合が多いので、治療にも通常の薬物療法以外にカウンセリング等の神経療法が必要となる事が多いです。

 

また自立神経失調症が影響している場合もあります。
その場合無排卵と共に、不定愁訴(原因不明の頭痛やめまい、冷えやしびれ、動機や胃痛・腹痛などの症状が現れます)がおこる時は、自立神経失調症が深く関係しています。このような時は自立神経失調症の治療も必要です。

 

現在の生活のあり方を見直し、体質改善をする事により改善する場合もありますので、その様な事も覚えておくと良いでしょう。

・高プロラクチン血症
高プロラクチン血症も多く見られる障害で、全ての排卵障害の中で、高プロラクチン血症は約2割を占めます。
主に脳下垂体の異常が原因で、肥満やストレス過多、無理なダイエット、高熱や感染症が原因で発症しますが、それ以外にもピルやホルモン剤、抗うつ剤、胃腸薬等の薬剤を常飲している時に発症しやすいです。

 

高プロラクチン血症の治療としては、主にプロラクチンの分泌量を減らす薬を使った薬剤療法が行われますが、必要に応じて排卵誘発剤も併用する場合もあります。
殆どが薬物投与による治療で終わりますが、脳下垂体に腫瘍が出来ている場合は手術が必要になる場合もあります。
これは高プロラクチン状態で妊娠すると腫瘍が大きくなる為ですが、手術が必要なケースはそれ程多くはありません。
排卵以外の不妊の治療法については、不妊治療法のページを御覧ください。