不妊とタイミング法(タイミング治療法)

不妊とタイミング法(タイミング治療法)

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

不妊はタイミングが大事です
不妊にタイミング法(タイミング治療)はとても有効な方法の一つです。
タイミング法とは医師の指導の元、排卵日を出来るだけ正確に予想する事で、精子と卵子が出会う(受精)タイミングに合わせて、性交日をスケジューリングする事で妊娠させやすくする手法です。

 

タイミングは不妊治療の中でも、人工的に手を加えないで行う一般治療に分類される方法で、非常に多くのケースでタイミング治療が行われます。
不妊のタイミングの中で最も大切なことは、排卵日を出来るだけ正確に予想する事です。
その為に基礎体温の把握、ホルモン検査、超音波検査等を用いて行います。

 

タイミング法の方法

不妊でタイミング法を用いて治療しようとする場合の大まかな方法をご紹介します。

説明

タイミング法で不妊治療を行う場合、必ず検査や段取り(計画のスケジュール)、治療中の注意事項などの説明があります。
この説明をしっかり聞いて正しく理解しましょう。
特に注意事項などを誤解して理解していたりすると、治療効果が出ない場合もあります。

 

超音波検査

排卵日を正確に予測するために、超音波を用いた検査で卵胞の大きさを計測します。
卵胞の大きさにより、排卵日を正確に把握する事が出来ます。

 

妊娠するには、卵子と精子が一定の時間内で出会う必要があります。
この時間は、排卵した卵子の寿命の時間で、この時間内に卵子と精子が出会えないと妊娠は不可能です。
その時間は、排卵後18時間〜24時間で、上手にこの時間内で出会えるようにするためには排卵日を正確に把握する事が必要です。
この排卵日を出来るだけ正確に把握する事が、不妊をタイミング法で治療する上で最も大切なポイントと言えます。

血液検査や尿検査

排卵日を正確に把握するためにLHサージの把握を行います。
排卵前には黄体形成ホルモンのLH急上昇します。
この現象をLHサージと言いますが、通常LHサージから24〜36時間後くらいに排卵がおこります。

 

血液検査や尿検査を行うのは、LHサージを把握するためにホルモン量を計測するためです。
超音波検査により卵胞の大きさを把握することと、血液検査や尿検査によりLHサージを把握する事により、タイミング治療に最も必要な排卵日の特定を行うわけです。

性交を行う日を決めます。

性交(セックス)をする日は、排卵日の2〜3日前に一度行う場合と、更に排卵日当日に一度行う場合があります。

 

それは治療方針や精子や卵子の質や状態によっても変わってきますが、タイミング法では、この様に排卵日を特定した後、性交の予定日や回数も決めて行います。

 

不妊要因がある場合

何か不妊につながる要因がある場合は、その要因を調べて、その部分の治療も並行して行う必要があります。

 

例えば、排卵障害があり排卵が上手くいかない場合は排卵誘発剤を使っったり、子宮の頸管粘液の状態が悪い場合は、ホルモン療法を行ったりと言った様に、妊娠を阻害する要因がある場合は、一緒にそれらの解消を合わせて行いながら、タイミング治療もおこないます。

 

この様に不妊をタイミング法で解決する場合は、他の不妊要因も一緒に解消しながらより妊娠する確率が高まるようにします。