コレステロールは妊娠の敵?それとも味方?

コレステロールは妊娠の敵?それとも味方?

 

 

★本当に使える不妊症対策法をお探しなら★
      ↓        ↓
  このページをじっくり御覧下さい
 

 

 

 

 

 

 

 

コレステロールは悪いもの?


コレステロールは悪い物、そう思い込んでいる方も多いですよね。
確かにコレステロールは肥満とも関係が深いですし、多すぎると
脳や心臓の血管が詰まることによって発症する、病気の原因に
なるので、コレステロールは悪い物と思い込んでいても仕方がないですよね。

 

でも、本当はコレステロールは私たちの身体にはなくてはならないものの1つで、
特に不妊症でお悩みの方や妊娠したいと思っている女性には必要不可欠です。

 

コレステロールが必要不可欠な理由とは

妊娠したい女性にコレステロールが必要不可欠な理由は、
「コレステロールが女性ホルモンを作る」からです。

正式には、コレステロールが女性ホルモンを作る材料になると
言う事なんですが、実はコレステロールが変化して女性ホルモンが作られます。
ですので、コレステロールが不足してしまうと、結果的に女性ホルモンも
減少してしまいます。
女性ホルモンが少ないと、妊娠できないのはご存じの通りです。

 

ストレスでもコレステロールが減少します。

女性ホルモンを作ると言う、重要な役割を担っている
コレステロールですが、ストレスとも関係があります。

 

それは、ストレスが多い状態になると、コレステロールを消費してしまうからです。
ストレスは不妊の原因の1つですが、ストレスで妊娠の邪魔をされると同時に
コレステロールも使われてしまうので、女性ホルモンが少なくなり、更に
不妊症になりやすくなると言う訳です。

 

悪玉コレステロール(LDL)が必要です。

コレステロールには、善玉コレステロール(HDL)と、
悪玉コレステロール(LDL)の、二種類のコレステロールがあります。

 

そして読んで字の如く、悪玉コレステロールは良くないので
出来るだけ少なくしましょうと言われます。
しかし、女性ホルモンの原料となるのは、悪玉コレステロールです。

 

低コレステロールは不妊の原因となる

 

コレステロールと言うと、とにかく悪者、少なくしないと言う、
従来のイメージを変える事が、貴女に赤ちゃんが授かる為に必要です。

 

むしろ子供が出来ない方の場合は、コレステロールが少なすぎる
低コレステロールになっている場合が多いです。

 

そして、コレステロールが増えてくると妊娠する人も多いです。
このような理由で、健康管理に問題が起こるくらい、
コレステロールの数値が高い人以外は、
コレステロールを意識的に摂らないようにする必要はないです。


コレステロールは妊娠の敵?それとも味方?関連ページ

排卵に効く栄養素とは
ビタミンEは子作りを助けるビタミンです
食事で行う男女の産み分け法
妊娠に必要な栄養素が不足していませんか
健康管理士の管理人がお届けする不妊の悩み解消サイトです。